コミュニケーションの「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」

      2018/04/09

コミュニケーションにおいて相手に与える心地の良い音程があります。

その音程とは「ファ」と「ソ」です。

「ファ」と「ソ」は、社交性のある音程とも言われていて、相手との関係を縮めるうえで効果的に使うと有効です。

 

「ド」「レ」「ミ」は信頼感が感じられる音程ではありますが、地声に近い音程でもあり、高圧的、暗い、不快に感じているといった印象を与えることもあります。

ですので、状況に応じて使い分けることに留意すべき音程です。

 

 

コミュニケーションの「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」を上手く使い分け、良好な人間関係をつくっていきましょう。
ピアノ

 

 - アサーティブコミュニケーション, 自律型人材育成 , , , , ,