効果的なフィードバック

   

効果的なフィードバックとは、「相手に気づきや発見を与えること」です。

フィードバックには、フィードバックをおこなう側とフィードバックを受ける側が存在し、双方の関係の中で成り立ちます。

 


みなさんが普段フィードバックをおこなっていますか?

フィードバックはどのような内容で伝えていますか?

フィードバックをしたことによって相手はどのような感じで受けとめてますか?

 


わたしたちがおこなうフィードバックは、以下のようになりがちです。

●ダメ出しをするフィードバック

●適当なフィードバック

●できていないところのみ伝え改善を促すフィードバック

●お世辞のフィードバック

●ご機嫌取りのフィードバック

global business image on white background

 

ただ、このようなフィードバックをおこなっていると本当の意味での相手に対するフィードバックでなくなります。

自分と相手との関係性を深めることもできませんし、むしろ距離感が増すことにもつながるでしょう。

 

効果的なフィードバックをおこなうには、安心・安全な場であることが必要です。

安心・安全な場をつくるうえで、日ごろからお互いの事を理解する「自己理解・他者理解」の努力をおこなってください。

フィードバックをする際は、以下をこころがけましょう。

 

●フィードバックしても良いか相手に確認する
フィードバックを受けるかどうかは相手の権利です。

相手に確認してからフィードバックをおこないましょう。

 

●冷静に伝える
伝えにくい内容でも感情に左右されず、冷静に事を話す。

 

●ポジティブなフィードバックをおこなう

ダメ出しではなく、良い出しをおこなう。

改善点についてこうしたらさらによくなるというメッセージも併せて伝えましょう。

 

 

フィードバックを日常的に取り組むことによって双方に良い影響を与え、より良い方向へと向かっていきます。

大きなことのフィードバックよりも小さなことのフィードバックをたくさんおこないましょう。
また、能力ではなく努力を認め伝えていきましょう。

 

 

フィードバックができるようになるには、日ごろのトレーニングです。

コミュニケーションにフィードバックを取り入れ、良い人間関係、良い職場づくりをしていきましょう。

 

 - アサーティブコミュニケーション , , , , , ,