我慢しないコミュニケーション

      2018/04/09

日常生活や仕事生活において葛藤が起きるケースはよくあります。

葛藤が起きるとわたしたちのコミュニケーションに大きく影響を及ぼします。

あなたはこの葛藤の時にどのようなコミュニケーションをとってるかご自身で理解していますか?

 

 

わたしたち日本人は、葛藤を避けるコミュニケーションをとりがちです。

つまり我慢するコミュニケーションをとるということです。

しかし、我慢するコミュニケーションをしても何の解決にも至りません。

 

我慢するコミュニケーションをすることは、ストレスを溜めることにもなるため、メンタルへルスの面からもおすすめできません。

 

 

では、どうすれば良いでしょうか?

我慢しないコミュニケーションをすることです。

 

我慢しないコミュニケーションをすることとは、自律的なコミュニケーションをすることです。

自分のことを大切にしながら、相手に対する配慮や思いやりも忘れないコミュニケーションです。

自分の気持ちを抑えることなく正直に伝えるとともに、相手の話にも耳を傾け聴くことを目指します。

 

 

葛藤することは人間誰もがあります。

葛藤が起きた場合に我慢しないコミュニケーションをすることを意識してください。

意見や価値観の相違があってもその度にどの程度まで相手と歩み寄れるか、すり合わせできるかを意識したコミュニケーションを行うことで自分らしさを押さえずに自然体になれます。

little sad puppy pug

 

 - アサーティブコミュニケーション, 自律型人材育成 , , , , , , , ,