Iメッセージで伝える

   

人に言わなければいけないことがある、言いにくいことを伝える必要がある、自分の気持ちを伝えたい…

普段、みなさまはどのように伝えていますか?

 

 

「あなたはいつも〇○だよね。」、「あなたはなぜこれをしようと思ったの?」、「あなたはこうだから。」と伝えがちになります。

わたしたちは、「Youメッセージ」という伝え方をしてしまうことが多いかと思います。

 

YOUメッセーで相手に伝えようとすると、相手は責められているように感じます。

また何か悪いことしたから指摘されている、自分は否定されると捉えることもあります。

倒れる_XS

 

人に自分の気持ちを伝えるときは、「Youメッセージ」ではなく、わたしを主語にした「Iメッセージ」で伝えてみましょう。

繋がり_XS

例えば、相手がいつも突然物事を頼んでくるというケースをみてみましょう。

Youメッセージ→「あなたはいつも突然ですね」

Iメッセージ→「突然の事でわたしは困ります」

 

Iメッセージの方が、自分の気持ちをよりダイレクトに伝えることができます。

また、相手を非難したメッセージではなく、自分の気持ちを伝えているだけです。

 

 

自分の気持ちは伝えても良いという権利は誰にでもあります。

何を伝えるかも大切ですが、どう相手に伝えるかということも大切です。

Iメッセージを使って自分の気持ちを伝えていきましょう。

 

 

 - アサーティブコミュニケーション , , , , ,