部下との関係

      2017/04/13

こんにちは。

今日は、マネージャーにとって大切な3つのスキルについてお話します。

 

Robert Katzはマネージャーが必要とするスキルについて3つを提唱しています。
簡潔にまとめると以下になります。

 

●概念化能力「コンセプチュアルスキル」
経営理念や戦略策定、意思決定、戦略実行、PDCAサイクルのマネジメントに関する能力。
●対人関係能力「ヒューマンスキル」
リーダーシップやコミュニケーション、部下・後輩指導育成、対人関係構築力など人に関する能力。
●業務遂行能力「テクニカルスキル」
自分に関わる業種や職種・専門分野の仕事を満足に動かしていくスキル。

 

トップマネジメントに近づくほど、「コンセプチュアルスキル」が求められ、ロアーマネジメントであるほど、「テクニカルスキル」が求められます。
 

この3つのスキルを同時に高めていくバランスも大切になり、一つ欠けるとバランスがとれず、マネージャーのスキルとしても好ましくなくなります。

 

3つのスキルの中でも、「ヒューマンスキル」について、磨くことを軽視している、どう接して良いか分からない、悩んでいるマネージャーも多いのではないでしょうか?

この「ヒューマンスキル」を高めるには、一夜城で構築するのは夢見るような話で、日頃から部下との接し方、発言、行動がものを言います。
 

まずは、コミュニケーションを積極的に図ること。
自律的な部下を育てるのもマネージャー次第、自律的になるのも部下次第ではありますが、両者の協力、歩み寄りがなくして実現しないですよね。

Group of happy young business people in  meeting 

 

 - コミュニケーション , , , , , , , ,