建設業における社会保険強制加入について

      2018/05/04

建設業における社会保険の強制加入が平成29年より本格的になっています。

 

 

経緯は、2012年国土交通省が「平成29年までの5年計画で建設業で社会保険に加入していない事業所を100%加入させる」という目標を掲げたことから始まっています。

 

同時に「下請け指導ガイドライン」(平成2012年11月1日)において、平成29年度以降は社会保険に加入していない事業所に対しては「今後下請け契約をすべきではない」との見解も発表しました。

 

 

このことから社会保険未加入であると、今後以下のようなことが起こります。

 

●建設業許認可を扱う行政から行政指導を受ける

●元請から加入指導が行われる

●社会保険部局に通報され処分を受ける

●許可業者は100%社会保険加入が要件に

●労働者も現場入場と認めない方向へ

●社会保険に未加入では公共工事請負もできない

 

 

社会保険加入は義務です。

ルールを守り、安心・安全に働くためにも社会保険に加入しましょう。

現場仲間

 - 安全衛生 , , , , , ,