職長教育の実施すべき法的根拠について

      2019/10/27

職長とは、労働安全衛生法第60条で「作業中の労働者を直接指揮、または監督する者」と法律で定められており、実務では「監督」「班長」「主任」「リーダー」「作業長」等と呼ばれている方々を対象としています。

関連する法令については以下になります。

 


【労働安全衛生法 第60条】
事業者は、その事業場の業種が政令で定めるものに該当するときは、新たに職務につくこととなつた職長その他の作業中の労働者を直接指導又は監督する者(作業主任者を除く。)に対し、次の事項について、厚生労働省令で定めるところにより、安全又は衛生のための教育を行なわなければならない。

一  作業方法の決定及び労働者の配置に関すること。

二  労働者に対する指導又は監督の方法に関すること。

三  前二号に掲げるもののほか、労働災害を防止するため必要な事項で、厚生労働省令で定めるもの
 

 

【労働安全衛生法施行令 第19条 (職長等の教育を行なうべき業種)】

法第六十条の政令で定める業種は、次のとおりとする。

一  建設業

 二  製造業。ただし、次に掲げるものを除く。

 イ  食料品・たばこ製造業(うま味調味料製造業及び動植物油脂製造業を除く。)

 ロ  繊維工業(紡績業及び染色整理業を除く。)

 ハ  衣服その他の繊維製品製造業

 ニ  紙加工品製造業(セロフアン製造業を除く。)

 ホ  新聞業、出版業、製本業及び印刷物加工業

三  電気業

四  ガス業

五  自動車整備業

六  機械修理業

 

 

【労働安全衛生規則 第40条(職長等の教育)】

法第六十条第三号の厚生労働省令で定める事項は、次のとおりとする。

一  法第二十八条の二第一項又は第五十七条の三第一項及び第二項の危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること。
二  異常時等における措置に関すること。

三  その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること。

2  法第六十条の安全又は衛生のための教育は、次の表の上欄に掲げる事項について、同表の下欄に掲げる時間以上行わなければならないものとする。

3  事業者は、前項の表の上欄に掲げる事項の全部又は一部について十分な知識及び技能を有していると認められる者については、当該事項に関する教育を省略することができる。
 

職長教育

 

 

上記の条文のとおり、建設業、製造業(一部除外)、電気業、機械修理業、ガス業、自動車整備業の職長は、労働安全衛生法上、国が定めている「職長教育」を受講し、修了する必要があります。

建設業においては、「職長教育」に加えて「安全衛生責任者教育」を受講し修了する必要があるということです。

安全衛生責任者についてはこちらを参照。

 

 

 

きらめき労働オフィスでは、国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認める講師が法律に基づいて教育を実施します。

弊社水準をクリアした経験豊富な講師のみ登壇し、分かりやすくかつ楽しく積極的なご受講をしていただける教育を得意としております。

講習を修了しますと修了者として認定され修了証をお渡しいたします。

 

出張講習専門ですので、講師派遣させていただきご指定の場所にご訪問させていただいての実施させていただきます。

ご検討の際はお気軽にお問合せ下さい。

 

 


 

 

【職長・安全衛生衛生責任者教育】

職長教育【製造業】

職長教育能力向上教育(再教育)【製造業】

職長安全衛生責任者教育【建設業】

職長安全衛生責任者能力向上教育(再教育)【建設業】

現場管理者統括管理講習

 

【特別教育等】

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

足場の組立て等特別教育

有機溶剤取扱業務安全衛生教育

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

石綿使用建築物等解体等特別教育

ダイオキシン類作業従事者特別教育

振動工具取扱作業者安全衛生教育

自由研削といし取替試運転作業者特別教育(学科)

粉じん作業特別教育

丸のこ等取扱作業従事者安全衛生教育

新入者安全衛生教育

VDT作業従事者労働衛生教育

熱中症予防労働衛生教育

腰痛予防労働衛生教育

 

 

《きらめき労働オフィスの講習の特徴》

〇御社にご訪問し、講習をおこなわせていただく出張講習が可能。

〇講習を修了し認定されますと修了証を即日発行いたします(プラスチック製の修了カードをお渡しいたします)。

〇大手教育機関では日程の調整がつかない、人数が多すぎて受講できないといった問題に対して、柔軟な日程・カリキュラムを組ませていただきます。

〇国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認定しているフルハーネス型墜落制止用器具特別教育インストラクター資格者が教育いたします。

〇研修のプロの専門家が登壇するため、分かりやすく教育いたします。

〇楽しく積極的に学ぶことができる教育をいたします。

〇出張講習のため、従業員の出張費、移動時間が節約できます。

〇社会保険労務士等の専門家も在籍しており、労働災害防止、メンタルヘルス・ハラスメント対策など職場の安全衛生管理について深いアドバイスをさせていただくことも可能です。

 

 

 

《出張地域》

出張地域は、全国対応可能です。

主な活動地域としましては、関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)、中国・四国(岡山、広島、山口、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知)、中部(愛知、三重、福井、岐阜、静岡、石川、富山)、北海道、九州(福岡、大分、宮崎、佐賀、長崎、熊本、鹿児島)になりますが、遠方(青森、秋田、山形、岩手、新潟、宮城、福島、長野、山梨、沖縄)からのご依頼も多く、対応させていただいています。

まずはHPのお問合せフォームからご相談ください。

 

 

 - 安全衛生, 職長・安全衛生責任者教育 , , , ,