製造業の職長能力向上教育(再教育)とは

      2019/11/25

製造業の職長能力向上教育(再教育)を従業員教育として導入されていらしゃますでしょうか?

 

 

職長とは、労働安全衛生法第60条にて以下のとおり定められているものを指します。

実務では「監督」「班長」「主任」「リーダー」「作業長」等と呼ばれている方々を対象としています。

【労働安全衛生法第60条】

事業者は、その事業場の業種が政令で定めるものに該当するときは、新たに職務につくこととなつた職長その他の作業中の労働者を直接指導又は監督する者(作業主任者を除く。)に対し、次の事項について、厚生労働省令で定めるところにより、安全又は衛生のための教育を行なわなければならない。

一  作業方法の決定及び労働者の配置に関すること。

二  労働者に対する指導又は監督の方法に関すること。

三  前二号に掲げるもののほか、労働災害を防止するため必要な事項で、厚生労働省令で定めるもの


 

現在は建設業のみ職長の能力向上教育(再教育)が義務化され、5年に1度再教育を受けることが必須となっております。

製造業につきましても能力向上教育(再教育)として努力義務化されています。

 

厚生労働省より平成30年2月に公表されている『第13次労働災害防止計画』では、2018 年度から 2022 年度までの5か年を計画期間として、国、事業者、労働者等の関係者が一体となって、一人の被災者も出さないという基本理念の実現に向けて様々な目標を計画期間中に達成することを目指しています。

 

重点事項の取り組みの一つとして「製造業における施設、設備、機械等に起因する災害等の防止」があり、製造業の職長能力向上教育の必要性について以下の通りと明記されています。

 

【第13次労働災害防止計画】

『災害が多発している食料品製造業については、食品加工機械の安全な使用方法等を浸透させるため、関係省庁と連携しつつ、他の製造業と同様に職長に対する教育の実施等を推進する。』

『 建設業における職長の再教育を製造業でも実施できるようカリキュラム等の策定を検討する。』


 

現在は努力義務ですが、建設業の職長安全衛生責任者能力向上教育(再教育)と同じく、今後製造業における職長能力向上教育(再教育)が2020年には義務化されることでしょう。

ゼロ災害を達成するには、職長一人ひとりの能力向上を図り、高い水準を維持してより安全に安心に作業をおこなうことが必要になります。

職長能力向上教育(再教育)を受講し、一人ひとりのレベルをさらにアップさせてゼロ災害に向けた安全衛生を推進していきましょう。

AdobeStock_113481293

 

 

《出張講習一覧》

きらめき労働オフィスでは、職長安全衛生責任者教育や職長安全衛生責任者能力向上教育はじめ、特別教育の出張講習が可能です。

●職長教育等

職長教育【製造業】

職長教育能力向上教育(再教育)【製造業】

職長安全衛生責任者教育【建設業】

職長安全衛生責任者能力向上教育(再教育)【建設業】

現場管理者統括管理講習

 

●特別教育等

足場の組立て等特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

有機溶剤取扱業務安全衛生教育

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

石綿使用建築物等解体等特別教育

ダイオキシン類作業従事者特別教育

振動工具取扱作業者安全衛生教育

自由研削といし取替試運転作業者特別教育(学科)

粉じん作業特別教育

丸のこ等取扱作業従事者安全衛生教育

新入者安全衛生教育

VDT作業従事者労働衛生教育

熱中症予防労働衛生教育

腰痛予防労働衛生教育

 

 

《株式会社きらめき労働オフィスの講習の特徴》

〇御社にご訪問し、講習をおこなわせていただく出張講習が可能。

〇講習を修了し認定されますと修了証を即日発行いたします(プラスチック製の修了カードをお渡しいたします)。

〇大手教育機関では日程の調整がつかない、人数が多すぎて受講できないといった問題に対して、柔軟な日程・カリキュラムを組ませていただきます。

〇研修のプロの専門家が登壇するため、分かりやすく教育いたします。

〇国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認定しているフルハーネス型墜落制止用器具特別教育インストラクター資格者が教育いたします。

〇楽しく積極的に学ぶことができる教育をいたします。

〇出張講習のため、従業員の出張費、移動時間が節約できます。

〇社会保険労務士等の専門家も在籍しており、労働災害防止、メンタルヘルス・ハラスメント対策など職場の安全衛生管理について深いアドバイスをさせていただくことも可能です。

 

 

 

《出張地域》

出張地域は、全国対応可能です。

主な活動地域としましては、関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)、中国・四国(岡山、広島、山口、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知)、中部(愛知、三重、福井、岐阜、静岡、石川、富山)、北海道、九州(福岡、大分、宮崎、佐賀、長崎、熊本、鹿児島)になりますが、遠方(青森、秋田、山形、岩手、新潟、宮城、福島、長野、山梨、沖縄)からのご依頼も多く、対応させていただいています。

まずはHPのお問合せフォームからご相談ください。

 

 - 安全衛生, 職長・安全衛生責任者教育 , , , , , , , ,