ポジティブFeedbackで部下と関係を縮める

      2018/05/08

「伝えても伝わっていない」、「他人事のように聴いている」、「関心を持って聴いてくれない」など部下とのコミュニケーションがうまくできていないという話をよく聴きます。

 

 

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか。

そもそもコミュニケーションがうまくとれていないからです。

 

 

コミュニケーションを上手くとれる解決方法はないでしょうか?

解決方法はあります。

価値観に寄り添いながらできることを一緒に探していくコミュニケーションをおこなうことです。

そのコミュニケーションの手法としてポジティブFeedbackを使ってみてください。

 

 

 

ポジティブFeedbackとは、相手のできているところや良いところにフォーカスするFeedbackです。

人は、できていないところや課題点を伝えられるより、できているところ、長所を伝えられると受け入れようとします。

 

 

 

もちろん、時には言いにくいことや叱らなければいけないことを伝える必要があります。

 

その場合においてもポジティブFeedbackを上手く取り入れることがポイントです。

特に最後の締めは、ポジティブなFeedbackで終えることです。

最後の印象はより長く印象に残るからです。

 

コミュニケーションには正解はありませんが、相手と距離感を縮めるコツはあります。

その一つの方法として、ポジティブなFeedbackを使ってより良い関係を築いてみてください。

eba7b7f7-d429-4e3f-9fbd-42c264adee24

 

 - 自律型人材育成 , , , , , , ,