ランチタイム後に眠気を生じさせない方法

      2018/04/26

ランチタイム後に眠気がおそってくることを経験されたことはありませんか?

多くの方がランチタイム後に眠気がおそってきた経験があり、集中できないシーンに遭遇されたことがあるかと思います。

 

 

・ランチタイム後の会議

・ランチタイム後のセミナー

・ランチタイム後の単純作業

etc.

どれも退屈でつまらないように感じてしまいついついウトウトしてしまいますよね。

 

 

実は、ランチタイム後に眠気がおそってくることは、人間にとってごくごく自然的な現象です。

自然的な現象ですので眠気をなくすことは不可能ですが、眠気をなるべく防ぐことはできます。

 

 

眠気を防ぐには、ランチの取り方に工夫することです。

具体的にいうと、炭水化物を極力減らすことです。

 

ランチタイム後に眠たくなる原因は、ランチタイム後に血糖値が上昇するからです。

炭水化物に含まれる糖質が急激に体内で消化され、分解されます。

分解されるとブドウ糖に変化し、血流中に取り込まれ体全体に運ばれます。

 

炭水化物を摂取すると、急激に上昇しますが、反面急激に下降します。

急激に下降した際に眠気が起こります。

ですので、炭水化物はなるべく控えめに取ることが眠気を生じさせないことにつながります。

 

 

ランチタイム後に眠気をしょうじてしまうと悩んでいる方は、ランチタイムの炭水化物を減らしてみつ工夫をしてみてください。

 - 自律型人材育成 , , , , ,