PDCA

PDCA

こんにちは。

本日からお休みの会社も増えてきて、ご家族でお出かけなされていることをよく見かけます。

年末年始は掃除や実家へ帰省したりなどもあり、バタバタしますが、ゆっくりお過ごしくださいね。

今日はビジネススキルとして身につけておきたいPDCAについてお話しさせていただきます。

 

みなさん、PDCAはご存知でしょうか?

PDCAはビジネスではもちろん、日常生活でも頻繁に使うものです。

例えば、「1か月で顧客獲得件数を20件にする」や「来年の資格試験に向けて合格できるように頑張る」、「1年後には英語をペラペラになっていたい」など理想をイメージし、計画を立てたりしませんか?

そんな時にPDCAを使い、実践していきます。

PDCA management method diagram. Plan, do, check, act tags.

 

PDCAとは、Pは「計画」、Dは「実行」、Cは「評価」、Aは「改善・調整」をいいます。

Aは改善じゃないの?と思われるかと思いますが、調整する意味もありますので、「改善・調整」としています。

その中でも今日は「P」についてみていきましょう。

 

このPDCA、簡単に回せそうで実はそうではないというものです。

多くの方はPDCAをうまく実践できない傾向があります。

なぜなら、Pの作り込みの甘さ、つまり計画計画をしっかりと落とし込み、作れていないからです。

計画をしっかり作り込まなけば、いくらそのあとDCAをおこなっても、ゴールのないマラソンをしているのと同じです。

Pを作るときには、以下に留意して作成してみてください。

・期日を設定する

・定性化ではなく、定量化する

・現状の課題を洗い出す

・課題が洗い出しできているかロジカルシンキングで考える

・課題が具体的かどうか

 

PDCA研修でもみなさんにPを正確に描いてくださいというお話を重点的にお伝えしています。

計画をしっかり作り込めば、あとはDCAと回すこと、特にDをPに基づき忠実におこないます。

そのためにもPを正確に描き、計画に落とし込みしてください。

Outback

管理人紹介

管理人紹介

角井 孝次
1979年奈良県生まれ
奈良大学附属高等学校卒業
近畿大学商経学部商学科卒業
大学卒業後、大手自動車部品メーカー、音響機器メーカーでモノ作りの現場を経験後、総務職、法務職に従事する。 従業員からの相談窓口、メンタルヘルス対策、安全衛生委員会事務局、ワークライフバランスプロジェクトに携わり、人に関する業務の専門性を深めたいと思い、社会保険労務士などの資格を取得。
きらめき労働オフィスを設立し現在に至る。
経営戦略としてのきらめき・ときめき・輝きある職場作りをモットーに就業規則コンサルティング、助成金コンサルティング、ワークライフバランスコンサルティングや講演・セミナー・講習を得意とする。
通常の社労士業務以外にコンサルティング、セミナーに力を入れるとともに、海の法律家「海事代理士」としての顔を併せ持つ個性派社労士。

会社情報

company

きらめき労働オフィス
【所在地】
〒541-0057
大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目7-9 堺筋本町プラザビル204

  • 大阪市営地下鉄中央線、堺筋線堺筋本町駅 6号出口 徒歩2分
  • 大阪市営地下鉄堺筋線、長堀鶴見緑地線長堀橋駅 徒歩5分
  • 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩5分

【連絡先】
TEL:06-4708-4586
FAX:06-4708-4587
E-mail:info@kirameki-sr.jp

【営業時間】
月〜金 9:00-18:00