自分を振り返る

   

自分自身を知る機会をおこなっていますか?
わたしたちは日々忙しい中で生活しているため、時間に追われることが多いのでないでしょうか?
そのため、時間をとって自分自身を知る機会を意図的に創出している機会が少ない方が多いと思います。

 

自分のことを知ること=自分を棚卸することにつながります。

つまり、しっかりと自分の事を振り返り、良かったこと、嬉しかったこと、できたことなど確認作業をおこなうことにより自己効力感を高めることにもなります。

また、課題に残ったこと、うまくいかなかったことなどをどうしたらできるようになるかと考えることにより、意味づけし次はこうしてみようと解決策をあらかじめ作っておく機会にもなります。

 

ひとが成長するときとは、以下のタイミングだと言われています。
・自問自答するとき
・自分ごとと考えるとき
・逆境を体験したとき。
・ものごとの見方を多角的にみるとき

 

自分とは何か?自分は何をしたいのか?自分とはどういう人間か?などを考えることをおこなうことにより、これからの素敵な自分をつくりあげるベースになります。
 

ときには、手をとめて足をとめて自分を振り返り、過去・現在・未来の視点でオリジナルのセルフストーリーを作りましょう。
Smart kid in class. Happy child against blackboard. Drawing speech bubble cloud

 - 自律型人材育成 , , , , , ,