‘コミュニケーション’ タグのついている投稿

感謝のエクササイズをおこなう

感謝の気持ちを持つことは、わたしたちをより良い方向に導いてくれます。
例えば、以下のような効果があると言われています。
・親切心が芽生える
・人と比較をしなくなる
・いまを大切にする
・ネガティブさを消し、ポジティブさを養うことができる。

 

感謝の気持ちの伝え方はいろいろありますが、自分に合った方法でできることからぜひ実践してみてください。
そしてなにより相手に感謝の気持ちを伝えることもトライし、自己表現をしていきましょう。
絆が深まります。

 

まわりを大切にする気持ちが自分を大切にする、自己理解・他者理解が深まり自他尊重の精神を持ったマインドセットになります。

依存心を減少し、自律心が増やすことにもつながります。

職場のコミュニケーションが活性化することにもつながります。
感謝の習慣を育んでいきましょう。

Portrait of young happy businessman showing thumbs up. Success and creative concept. Copy space for your text

ワークライフバランス×自律型

ワークライフバランス推進が国を上げて積極的におこなわれています。
働き方改革や女性活躍推進という言葉をご存知の方も多いでしょう。
ほぼ毎日、新聞の紙面に掲載、TV、ビジネス雑誌からファッション雑誌まで幅広く取り上げられています。

 

ワークライフバランス推進の背景には、グローバルなビジネス展開、少子高齢化、長時間残業等様々な視点からきています。
この背景にあるものを洗い出し、対策を立てて、行政はじめ、多くの企業で現在取り組みがおこなわれています。

 

ただ、背景にあるものに注力して施策を実施、制度を導入すると浸透せず、問題も生じ兼ねなくなります。
それは、施策や制度のみが一人歩きするからです。

 

一番大切ことは職場のみなさんの思いをくみ取ること、そして「一人ひとりが自律的になること」を支援する。
そのことによって職場の雰囲気や人間関係、生産性に結びつくでしょう。

 

良い施策や制度を導入することも大切ですが、みなさん一人ひとりが自分を律して行動することによって良い職場にしていくことが大切ですよね。

 

C777_tabeleniokaretat-cuptomemo_TP_V

部下との関係

こんにちは。

今日は、マネージャーにとって大切な3つのスキルについてお話します。

 

Robert Katzはマネージャーが必要とするスキルについて3つを提唱しています。
簡潔にまとめると以下になります。

 

●概念化能力「コンセプチュアルスキル」
経営理念や戦略策定、意思決定、戦略実行、PDCAサイクルのマネジメントに関する能力。
●対人関係能力「ヒューマンスキル」
リーダーシップやコミュニケーション、部下・後輩指導育成、対人関係構築力など人に関する能力。
●業務遂行能力「テクニカルスキル」
自分に関わる業種や職種・専門分野の仕事を満足に動かしていくスキル。

 

トップマネジメントに近づくほど、「コンセプチュアルスキル」が求められ、ロアーマネジメントであるほど、「テクニカルスキル」が求められます。
 

この3つのスキルを同時に高めていくバランスも大切になり、一つ欠けるとバランスがとれず、マネージャーのスキルとしても好ましくなくなります。

 

3つのスキルの中でも、「ヒューマンスキル」について、磨くことを軽視している、どう接して良いか分からない、悩んでいるマネージャーも多いのではないでしょうか?

この「ヒューマンスキル」を高めるには、一夜城で構築するのは夢見るような話で、日頃から部下との接し方、発言、行動がものを言います。
 

まずは、コミュニケーションを積極的に図ること。
自律的な部下を育てるのもマネージャー次第、自律的になるのも部下次第ではありますが、両者の協力、歩み寄りがなくして実現しないですよね。

Group of happy young business people in  meeting 

 

承認欲求

わたしたちには、「承認欲求」があります。
マズローがいう欲求5段階説はご存知でしょうか。

 

●生理的欲求
●安全の欲求
●所属と愛の欲求
●自尊と承認の欲求
●自己実現の欲求

 

マズローは、上から順番に満たされていくと提唱しています。
この4つ目の欲求が「承認欲求」です。
つまり人は承認される欲求があり、承認されるとさらに上の自己実現の欲求に移ると言われています。

 

この承認とは、相手がおこなったこと、貢献したこと、成長したことなどをその事実を本人に伝え、自覚させることです。
ですので、嘘偽りもなく、相手を誇張する事でもありません。

 

褒めることも大切ではありますが、使用頻度やタイミング、内容、そして誰が褒めるか等それぞれの状況に応じて使い分けないと逆効果を生むこともあります。
相手を人間として尊重するうえでも「承認すること」を積極的におこなうとより良い人間関係が築けると思います。
なぜならありのままのことを本人に伝える誠実さがあるから相手の心にも響くからです。

ぜひ日常生活・職場生活においても承認していきましょう。


dreammap

3つの「きく」

こんにちは。

本日は、3つの「きく」についてお話したいと思います。

 

みなさんは、3つの「きく」を使い分けてますか?

3つの「きく」とは、「聞く」、「訊く」、「聴く」です。

 

3つの「きく」をご説明すると以下になります。

●「聞く」…耳に入ってくる、聞こえてくる。

●「訊く」…自分が知りたいことを訊く。

●「聴く」…耳と目と心で全身で聴く。

 

わたしたちは、この3つの「きく」を自然と使い分けています。

みなさんは、この中でもどの「きく」をよく使われていますか?

対人関係において、良い関係を築くうえでは、「相手に関心を向けて積極的にきく」=「聴く」が大切になります。

 

「聴く」というのは、全身で聴くこと、アクティブリスニングです。

地位や立場が違えっても、相手と同じ目線で普段から接しているかどうか、相手に誠実に、受容し、共感しているかが大切になります。

 

「聴く」を上手く使いこなせると相手の心が開くことも期待できます。

相手の事を知り、理解し、心を揃えるためにも積極的な「聴き方」を普段から身につけていきましょう。

Music. Young woman listening to music 

新生活、新しい環境でのコミュニケーションシナジー

こんにちは。

4月は、入学式や新社会人として新しい環境でチャレンジされる方が多い月ですね。
また、人事異動、昇進、役割分担等で新しい職場、業務に携わる方も多いかと思います。

 

この新しい環境において、やはり一番最初に大切なのは人との関係性です。
学校生活、職場生活においても人との関係性によって自分にとってより良いものになるかどうかが決まるといっても過言ではないかと思います。

 

人の第一印象は数秒で決まるとも言われています。
つまり印象というものは、その人の大部分を占めると言われています。

新し出会いで関わる方とどのように人間関係を形成していくかは、あなた自身になります。
 

多様な価値観を持っている現代において、相手の価値観に合わせることが難しくなっていますが、相手を認めるうえでも相手の価値観を尊重する気持ちが大切になります。
その際に自分の価値観を押しつけるようなことを決してしないように留意しましょう。

 

自分から心を開いて接していれば、相手も心を開いて接してくれると思います。
ただ待っているだけは何も起こらないでしょう。

 

他人を変えることには難しいですが、自分を変えることは自分自身の問題ですので、変えることが可能です。
他人を変えることに注力するのではなく、自分から変化していきましょう。

 

自分にとってもまわりにとってもより良い関係を築くために、コミュニケーションシナジーを起こしていきましょう。
より良いスタートをしましょう!

虹_XS

アンガーマネジメント講演

おはようございます⛅

本日も冷えますね⛄

 

先週、代表の角井が兵庫県の団体様にて、アンガーマネジメント講演に登壇しました🏢

各企業の中堅社員のみなさまがご参加くださり、約120名の中、講演をおこなわせていただきました。

 

角井も同じ年代ということもあり、職場において人間関係を良好にしていくうえで感情コントロールの大切さを伝えたい思いも熱かったようです⤴

 

この世代は会社にとっても管理職・管理職候補ね方が多く、上司と部下の間のポジションが多い世代です。

両方から挟まれるサンドイッチ状態やプレーイングマネージャーになりがちでイライラすることやこころが折れることになることもあります。

 

そのときに自分の感情をうまくコントロールする、ストレスとうまく向き合いコントロールする、折れないこころを養うなどのアンガーマネジメント、ストレスマネジメント、レジリエンスがいま求められているのではないでしょうか👀

 

自律的になることが自分を強くし、うまく対応できる近道だと思います😄

ウーマンライフ新聞Webに掲載されました

おはようございます。

出張から帰ってきて今週は、就業規則の打ち合わせを4本おこなっています。

まさに「就業規則ウィーク」です。

 

さて、いつもお世話になっていますウーマンライフ新聞社様より、この度もWebサイトに掲載して頂けることになりましてUPしてくださいました。

http://womanlife.co.jp/topics/1100586

ウーマンライフ新聞1月21日掲載

毎回UPありがとうございます!

ウーマンライフ新聞社様とは、わたしの出身が奈良県ということもあり同じ県で、いろいろご縁があり、ご担当者様とお会いさせていただき、すぐに意気投合。

以前からアンガーマネジメントにすごく興味を持って下さり、ご厚意で掲載していただいています。

 

今回もアンガーマネジメントについて掲載していただいていますが、私の得意なジャンルのレジリエンスやドリームマップについても書いてくださいました。

いつも素敵な記事を掲載していただき感謝です。

レジリエンスとは、困難な状況においても立ち向かっていける力、つまり折れないこころを養うことです。特に最近は、新入社員研修でおこなわせていただいています。

ドリームマップは、夢を信じ、描き、行動できるための目標達成ツールです。子どもたちから社会人(新入社員や若手社員、中堅層などの階層別研修)で大人気です。

 

 

奈良県でもアンガーマネジメントを習得され、怒りの連鎖を断ち切れるような方が増えたらなっと思います。

2月、3月にまた奈良県でアンガーマネジメント入門講座、アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座を開講しますので、お近くの方はよからぜひぜひ~☆

本日も一日がんばりましょう(^^)///

global business image on white background

 

 

アンガーマネジメント研修

こんばんは🌃

夜は肌寒くなってきましたね。

本日は華金🌹✨

最近、曜日感覚が把握できていない日々です。

 

本日は超士業塾様にてアンガーマネジメント講座に登壇させていただきました。

ご参加くださいましたみなさまは士業や法律業に携わっていらっしゃる方々で、ワーク時にお話をふらせていただきますとみなさま頭の回転が早いし、鋭い👍✨

 

士業はストレス高い仕事ですので、アンガーマネジメントの必要性にみなさま頷かれていらっしゃいました👀

 

そして代表の行政書士の塩津先生と意気投合😄

そしてツーショット📷

14702310_351952431817255_4364531229936793274_n 

 

このあとおつかれさま会にもご一緒させていただき、楽しい時間を過ごすことができました😄

 

報連相研修

みなさま、こんにちは。

本日は祝日。いかがお過ごしでしょうか?

 

わたしは、今日は午前中いつもお世話になっています奈良県の企業様に報連相研修してきました。

今回は現場の方々中心ということで、コミュミケーションとしてとても大切な報連相をテーマにしました。

「いつも必ず報連相って何ですかあ?」をお聞きします。

普段おこなっている報連相ですが、良く考えずにおこなっていることがあります。

できている職場も多いですが、今一度報連相って何?なぜ必要か?目的は?についてみなさんで考える内容にしました。

kirameki-win_20160922_113850

 

良好な人間関係を築かれています職場ですので、さらに報連相を高めていっていただき、素敵な職場環境を形成していってほしいなあと思います。

個の質を上げ、チームの質を上げる、そして会社の質を上げる!

そんな素敵な会社が増えると会社も従業員のみなさまもお互いいい関係を築けますよね!

%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b_xs

 

 

管理人紹介

管理人紹介

角井 孝次
1979年奈良県生まれ
奈良大学附属高等学校卒業
近畿大学商経学部商学科卒業
大学卒業後、大手自動車部品メーカー、音響機器メーカーでモノ作りの現場を経験後、総務職、法務職に従事する。 従業員からの相談窓口、メンタルヘルス対策、安全衛生委員会事務局、ワークライフバランスプロジェクトに携わり、人に関する業務の専門性を深めたいと思い、社会保険労務士などの資格を取得。
きらめき労働オフィスを設立し現在に至る。
経営戦略としてのきらめき・ときめき・輝きある職場作りをモットーに就業規則コンサルティング、助成金コンサルティング、ワークライフバランスコンサルティングや講演・セミナー・講習を得意とする。
通常の社労士業務以外にコンサルティング、セミナーに力を入れるとともに、海の法律家「海事代理士」としての顔を併せ持つ個性派社労士。

会社情報

company

きらめき労働オフィス
【所在地】
〒541-0057
大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目7-9 堺筋本町プラザビル204

  • 大阪市営地下鉄中央線、堺筋線堺筋本町駅 6号出口 徒歩2分
  • 大阪市営地下鉄堺筋線、長堀鶴見緑地線長堀橋駅 徒歩5分
  • 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩5分

【連絡先】
TEL:06-4708-4586
FAX:06-4708-4587
E-mail:info@kirameki-sr.jp

【営業時間】
月〜金 9:00-18:00