‘ワークライフバランス’ タグのついている投稿

自分を振り返る

自分自身を知る機会をおこなっていますか?
わたしたちは日々忙しい中で生活しているため、時間に追われることが多いのでないでしょうか?
そのため、時間をとって自分自身を知る機会を意図的に創出している機会が少ない方が多いと思います。

 

自分のことを知ること=自分を棚卸することにつながります。

つまり、しっかりと自分の事を振り返り、良かったこと、嬉しかったこと、できたことなど確認作業をおこなうことにより自己効力感を高めることにもなります。

また、課題に残ったこと、うまくいかなかったことなどをどうしたらできるようになるかと考えることにより、意味づけし次はこうしてみようと解決策をあらかじめ作っておく機会にもなります。

 

ひとが成長するときとは、以下のタイミングだと言われています。
・自問自答するとき
・自分ごとと考えるとき
・逆境を体験したとき。
・ものごとの見方を多角的にみるとき

 

自分とは何か?自分は何をしたいのか?自分とはどういう人間か?などを考えることをおこなうことにより、これからの素敵な自分をつくりあげるベースになります。
 

ときには、手をとめて足をとめて自分を振り返り、過去・現在・未来の視点でオリジナルのセルフストーリーを作りましょう。
Smart kid in class. Happy child against blackboard. Drawing speech bubble cloud

感謝のエクササイズをおこなう

感謝の気持ちを持つことは、わたしたちをより良い方向に導いてくれます。
例えば、以下のような効果があると言われています。
・親切心が芽生える
・人と比較をしなくなる
・いまを大切にする
・ネガティブさを消し、ポジティブさを養うことができる。

 

感謝の気持ちの伝え方はいろいろありますが、自分に合った方法でできることからぜひ実践してみてください。
そしてなにより相手に感謝の気持ちを伝えることもトライし、自己表現をしていきましょう。
絆が深まります。

 

まわりを大切にする気持ちが自分を大切にする、自己理解・他者理解が深まり自他尊重の精神を持ったマインドセットになります。

依存心を減少し、自律心が増やすことにもつながります。

職場のコミュニケーションが活性化することにもつながります。
感謝の習慣を育んでいきましょう。

Portrait of young happy businessman showing thumbs up. Success and creative concept. Copy space for your text

ワークライフバランス×自律型

ワークライフバランス推進が国を上げて積極的におこなわれています。
働き方改革や女性活躍推進という言葉をご存知の方も多いでしょう。
ほぼ毎日、新聞の紙面に掲載、TV、ビジネス雑誌からファッション雑誌まで幅広く取り上げられています。

 

ワークライフバランス推進の背景には、グローバルなビジネス展開、少子高齢化、長時間残業等様々な視点からきています。
この背景にあるものを洗い出し、対策を立てて、行政はじめ、多くの企業で現在取り組みがおこなわれています。

 

ただ、背景にあるものに注力して施策を実施、制度を導入すると浸透せず、問題も生じ兼ねなくなります。
それは、施策や制度のみが一人歩きするからです。

 

一番大切ことは職場のみなさんの思いをくみ取ること、そして「一人ひとりが自律的になること」を支援する。
そのことによって職場の雰囲気や人間関係、生産性に結びつくでしょう。

 

良い施策や制度を導入することも大切ですが、みなさん一人ひとりが自分を律して行動することによって良い職場にしていくことが大切ですよね。

 

C777_tabeleniokaretat-cuptomemo_TP_V

ワークライフバランス研修in奈良

おはようございます☀

もうすぐ3月です📄

気持ちも新たに3月も頑張っていきたいと思います⤴

 

先週、代表の角井が日本労働組合総連合会 奈良県連合会様にて、ワークライフバランス研修に登壇させていただきました。

 

労働組合の役員や委員をなされている皆様、関係者の皆様にワークライフバランスとは?、なぜワークライフバランスがいま求められているのか?、働き方改革、他社事例等豊富なデータや資料、経験などを交えてお話させていただきました。

 

ワークライフバランスは仕事と生活のバランスではありません。

また、どちらかを優先させることでもありません。

私生活を充実させることにより、仕事がうまく進み、仕事がうまく進むと私生活がさらに潤うというワークライフシナジー(相乗効果)をいいます。

 

少子高齢化、長時間労働、出産・育児、介護など様々なライフイベントを抱えるいまの時代において働き方を変えていかなければ、皆がふるい落とされます。

柔軟な働き方を取り入れ、ワークもライフも充実さしたワークライフを築いていきましょう✨✨✨

 

 

 

 

 

 

ワークライフバランス研修

おはようございます☀

2月もあと少しになりましたね👀

朝はまだまださむいですが、お昼はあたたかくなってきて少しずつですが、春の季節を感じつつあります。 

 

さて、先週は研修が多く、社労士の先生方向けにワークライフバランス研修をさせていただきました。

 

社労士は手続きや労務管理の専門家です。

その中で、企業からワークライフバランスについて相談を受けたらどうしたら良いか?ワークライフバランスってそもそも何?ワークライフバランスについて学びたいというご要望から今回研修をさせていただくことになりました🏢

 

自身の経験を踏まえたお話にも真剣にお聴きくださりました。

法的なアドバイスはもちろんですが、どうしていけば職場の風土がよりよい方向にいくのかアドバイスしていきたいですよね😄

 

ワークライフバランスを推進してくださる方が増えるといいなあと思います👍✨

就業規則打ち合わせ

たこんばんは。

北海道出張から帰り、今週は顧問先様と打ち合わせやオフィス中心の仕事です。

 

本日は、就業規則の打ち合わせをおこなってまいりました。

最近就業規則の作成、見直しを多々いただくこともあり、法改正も多いことから見直しを検討なされている企業様が多いように感じます。

その中でも「ワークライフバランスへの取り組みを反映したい」、「助成金を絡ませて作成してほしい」、「多様な正社員制度を導入したい」など様々です。

 

就業規則は会社のルールブックであり、従業員さんが安心して仕事をしていただくためにもしっかりと整備するものです。

自律型人材を育成するうえでも会社の取り組みとしてしっかりと就業規則を整備する必要がありますよね☆

%e5%95%86%e8%ab%87%e2%91%a0

GEWELオープンフォーラム2016

みなさま、こんばんは🌃

先週、GEWELのオープンフォーラムのサポートにいってきました🏢

 

GEWELってなに?って思われる方もいらっしゃりるかと思いますので、ご説明しますとダイバーシティを推進しています団体です。

 

ダイバーシティとは日本語に訳すと多様性という意味です。

つまり企業においてこれから多様性を活かした経営戦略としてのダイバーシティ経営をおこなっていく必要があります。

同一のパーソナリティを揃えるのではなく、個々の違いを受け入れ、認め合い、それぞれの強みを活かすことが今まさに事業継続において求められています。

 

背景にはいろいろありますが、今日は省略しまた別の機会にお話したいと思います。

これからダイバーシティ経営という言葉、聞く機会が増えると思います。

 

img_20161117_201545

ワークライフバランス研修

こんばんは🌃

冷んやりとしてきて半袖で出かけるのも寒い季節になってきましたね👕

季節の変わり目で、体調を崩しやすいので気をつけてくださいね☺

 

先週、ワークライフバランス研修に登壇させていただきました🏢

今回は管理職以上のみなさまを対象に業務マネジメント力向上に加え、ワークライフバランスを取り入れた働き方見直しを考え実行していく内容でおこないました📄✨

みなさま、自分事のようにしっかりとお聞きくださり、ワークも非常に盛り上がり、意見やアイデアがたくさん出ていいものになりました👍✨

img_20161008_183336

 

 

 

ワークライフバランスはいま急務になってきています。

よくあるのがトップからの指示があるから取り組んでいる、けれどもなぜ取り組みしないといけないかはよくわからずに進められているケースが多いように感じます👀

しっかりと理解し、納得してから取り組むことは大切ですよね。

そうでないと当事者意識 で進められず、また続かなくなります😅

 

なぜいまワークライフバランスなのか、ワークライフバランスを取り入れたマネジメントが必要なのか、ワークライフバランスを取り入れたマネジメントの未来をしっかり描くことが必要です🌈

そして、この取り組みは個人にとっても会社にとってもメリットがあります👍✨

ここをしっかりと伝えないといくら取り組みをおこなっても難しいかと思います。

 

ワークライフバランスは会社、従業員のみなさま双方で進める取り組みです。クルマも両輪がなければ前に進まないですよね🚙

 

ワークライフバランスの取り組みをおこなううえで意識の醸成はまず最初のステップになります。

ぜひみなさまの会社で研修をおこなううえで目的や意味、メリットや効果を明確に伝えておこなってください😄

%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b

 

いま求められるワークライフバランス

こんにちは。

台風が多いこの季節、打ち合わせや研修が入っているとつい台風が懸念になります。

今週も行政でのワークライフバランス研修に登壇させていただきました。

台風が近づいていてどうなるかと冷や冷やしていましたが、無事研修を終えてほっとしています。

 

ワークライフバランスといえば、「ワークとライフのバランスでしょ?」と思われがちですが、違います。

「ライフでの様々な経験をすることによってワークに活かす、ワークが潤うとライフが潤う」というワークライフシナジーです。

つまり、広い視野や人脈、スキルがないと高い成果の仕事ができないですよね?そのためにライフでの様々な経験が必要になるという考え方です。自己研鑽、資格取得、健康保持、異業種交流会、セミナー参加、家族との大切な時間など。

 

これからは出産・育児問題に加え、親の介護の問題も直視していかなければなりません。

女性の問題だけではなく、男性も含めた問題になります。

わたしたちは様々なライフイベントにこれから遭遇します。

その時に今のままで働き続けることは難しくなります。

ですので、働き方の見直しをしていかないといけなくなります。

 

そのためにはまずは、意識の改革として研修をおこない、意識の醸成をおこなうところからスタートする必要があります。

一人ひとりが正しくワークライフバランスを理解し、企業・個人双方が一緒に取り組んでいけるワークスタイル変革のお手伝いができればと思います☆

%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b

 

 

ワークライフバランス的な休日

おはようございます。

本日もすがすがしい一日です☆

 

ワークライフバランスコンサルタントとして、企業様へのコンサルティングや講演・研修をさせていただいているうえで、まずは自分のワークライフバランスをしっかりと充実したものにしていかないとと思い、ライフでも充実した日を送るようにしています。

%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b

 

その一つとして、自己研鑽に励むというのがわたしのライフの楽しみでもあります☆

仕事をしていると様々な方々とお会いさせていただき、お話を聞かせていただくうえで、これも勉強したいなあと思うことがでてきます☆

ついつい気になって…(^^♪

学ぶことで同じ志を持った方々と知り合い、コミュニティに入れていただいたり、素敵な出会いがたくさんあったり♪

仕事だけでなく日常生活で役立つこともすごく多く、一石二鳥だなあと思うことも多々ありです。

 

もちろん、自己研鑽だけでなく、運動も大好きで、休みの日にはゴルフやジョギングをかかさずしています。

有酸素運動はストレス解消に一番良いんですよー(^^)

ストレスマネジメントの講師でもありますので、まずは自分が実践して気づいたことや発見したことなどをみなさまにお話しさせていただいたりもしています(^^)/

worklifebalance_img03

 

みなさまも素敵なワークとライフを築いていってくださいね~!!

Let’s ワークライフバランス(^^♪

 

管理人紹介

管理人紹介

角井 孝次
1979年奈良県生まれ
奈良大学附属高等学校卒業
近畿大学商経学部商学科卒業
大学卒業後、大手自動車部品メーカー、音響機器メーカーでモノ作りの現場を経験後、総務職、法務職に従事する。 従業員からの相談窓口、メンタルヘルス対策、安全衛生委員会事務局、ワークライフバランスプロジェクトに携わり、人に関する業務の専門性を深めたいと思い、社会保険労務士などの資格を取得。
きらめき労働オフィスを設立し現在に至る。
経営戦略としてのきらめき・ときめき・輝きある職場作りをモットーに就業規則コンサルティング、助成金コンサルティング、ワークライフバランスコンサルティングや講演・セミナー・講習を得意とする。
通常の社労士業務以外にコンサルティング、セミナーに力を入れるとともに、海の法律家「海事代理士」としての顔を併せ持つ個性派社労士。

会社情報

company

きらめき労働オフィス
【所在地】
〒541-0057
大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目7-9 堺筋本町プラザビル204

  • 大阪市営地下鉄中央線、堺筋線堺筋本町駅 6号出口 徒歩2分
  • 大阪市営地下鉄堺筋線、長堀鶴見緑地線長堀橋駅 徒歩5分
  • 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩5分

【連絡先】
TEL:06-4708-4586
FAX:06-4708-4587
E-mail:info@kirameki-sr.jp

【営業時間】
月〜金 9:00-18:00