メニュー

熱中症予防労働衛生教育 出張講習のご案内

毎年、夏場になると、職場において熱中症が多発しています(4月頃から徐々にみられ7月と8月に多発)。特に平成30年は、職場における熱中症による死亡者が1,178人に達し、平成29年と比較して倍増しました。また熱中症を発症していなくても、暑さによる作業中のふらつき、注意力の低下、熱帯夜による疲労の蓄積等が様々な労働災害の発生に繋がるケースが散見されています。熱中症は、適切な処置を怠り、手遅れになると死に至る場合もありますが、正しい知識と対策による予防が可能です(基発第0619001号職場における熱中症の予防について)。

株式会社きらめき労働オフィスでは、法の趣旨に基づき必要な内容を中央労働災害防止協会が認める講師が御社にご訪問し、法律に基づいて出張教育を実施します(講師派遣いたします)。講習を修了しますと修了者として認定されます。 

オンライン教育をご検討の場合はこちらのページをご覧ください

水分補給 M

熱中症予防労働衛生教育とは

熱中症の予防には、熱中症に対する正しい知識が不可欠です。

管理者には高温多湿作業場所の作業の管理者教育、労働者には体調の異常を正しく認識できるよう、雇入れ時や新規入場時に教育を行うとともに、日々の朝礼などの際にも繰り返し教育を実施することが求められます。

熱中症予防労働衛生教育では、熱中症の症状、熱中症の予防方法、緊急時の救急処置、熱中症の事例について学びます。

詳細はこちらをご覧ください

水 L

熱中症予防労働衛生教育カリキュラム(作業者向け)

事項教育時間

◎熱中症の症状

・熱中症の概要
・職場における熱中症の特徴
・体温の調節
・体液の調節
・熱中症が発生する仕組みと症状

30分

◎熱中症の予防方法

・WBGT値の意味
・現場での熱中症予防活動(熱への順化、水分及び塩分の摂取、服装、日常の健康管理等)

1時間30分 

◎緊急時の救急処置

・緊急時の救急措置

15分

◎熱中症の事例

・熱中症の災害事例

15分

熱中症予防労働衛生教育カリキュラム(管理者向け)

事項教育時間

◎熱中症の症状

・熱中症の概要
・職場における熱中症の特徴
・体温の調節
・体液の調節
・熱中症が発生する仕組みと症状

30分

◎熱中症の予防方法

・WBGT値(意味、基準値に基づく評価)

・作業環境管理(WBGT値の低減、休憩場所の 整備等)

・作業管理(作業時間の短縮、熱への順化、水分 及び塩分の摂取、服装、作業中の巡視等)

・健康管理(健康診断結果に基づく対応、日常の 健康管理、労働者の健康状態の確認、身体の状況の確認等)

・労働衛生教育(労働者に対する教育の重要性、 教育内容及び教育方法)

・熱中症予防対策事例

2時間30分 

◎緊急時の救急処置

・緊急連絡網の作成及び周知
・緊急時の救急措置

15分

◎熱中症の事例

・熱中症の災害事例

15分

株式会社きらめき労働オフィスの熱中症予防労働衛生教育の特徴

  • 国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認定している熱中症予防労働衛生教育インストラクター資格者が教育いたします。
  • 弊社水準の教育における水準を満たした専門家のみが登壇するため、クオリティの高い教育をご提供いたします。

  • 出張講習のため、従業員のみなさまの出張費、移動時間を節約することができます(コスト削減できます)。
  • 御社または御社の指定する場所にご訪問し(講師派遣し)、講習実施をさせていただく出張講習が可能(12名以上から出張可能です)。
  • お客様のご都合に沿った柔軟なスケジュール(早朝開催、夜間開催、土日開催等)を組ませていただきます。
  • 社会保険労務士等の専門家も在籍しており、労働災害防止、メンタルヘルス・ハラスメント対策など職場の安全衛生管理について深いアドバイスをさせていただくことも可能です。
  • 講習を修了し認定されますと修了証を即日発行いたします(プラスチック製の修了カードをお渡しいたします)。

株式会社きらめき労働オフィスの発行する修了証

熱中症予防労働衛生教育のカリキュラムを受講していただきました当日修了時に、修了証としてプラスチック製のカードをお渡しいたします。

修了カードは、建設現場で提示が求められた場合や書類提出時の証明書類として必要な場合等、ケースに応じてご利用ください。

また、紛失・破損されました場合は、再発行しますので当オフィスまでご連絡いただきますようお願いいたします。

※右図はサンプルになります。

熱中症労働英衛生居郁修了証20200309

料金案内

受講者数開催場所料金出張費
管理者用作業者用

12名~13名

御社または指定する場所 8,800 - 実費相当額
14名~16名 御社または指定する場所

8,600

-

実費相当額

17名~19名 御社または指定する場所

8,400

7,300 

実費相当額

20名以上 御社または指定する場所 別途御見積り  実費相当額

※費用はお一人様税抜き表示になります。
費用には教材および修了証の費用が含まれています。
20名以上の場合は、さらにお安くなりますのでお気軽にご相談ください。別途お見積りさせていただきます。
※出張費は、大阪オフィスまたは東京オフィスからの弊社規定による金額になります。

※関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城)、中部(愛知、静岡、石川、富山、新潟、福井、岐阜、長野、山梨)、中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口)、四国(徳島、香川、愛媛、高知)につきましては交通費のみの金額になります(但し、講義の開始時間や開催場所によっては宿泊費が発生する場合もございます)。

※修了証発行にあたり、事前に受講者の氏名、生年月日をご用意ください。修了証を即日発行いたします。

 

よくあるご質問

出張地域は決まっていますか?

全国出張対応させていただいています。
関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城)、中部(愛知、静岡、石川、富山、新潟、福井、岐阜、長野、山梨)、中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口)、四国(徳島、香川、愛媛、高知)を中心に多くの企業様からご依頼いただいております。関西・関東・中部・中国・四国以外にも、九州(福岡、大分、鹿児島、長崎、佐賀、宮崎、熊本)、沖縄、北海道、東北(宮城、山梨、岩手、山形、秋田、青森)の企業様からもご依頼をいただいておりますのでお気軽にご相談ください。みなさまの会社からお近くの担当講師を派遣させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

自社で熱中症予防労働衛生教育を開催してもらうことはできますか?

はい、もちろんです。
御社にお伺いさせていただくことにより、受講者のみなさまの出張費のコスト削減、出張時間の短縮にもなりますので、ぜひご相談ください。

12名(作業者用は17名)集めないと出張講習はしていただけないのですか?

12名(作業者用は17名)集めていただかなくても出張講習をさせていただくことは可能です。
12名未満(作業者用は17名未満)の出張講習の場合は、12名分(作業者用は17名分)の講習費をいただきますことご了解いただけましたら出張対応いたします。

1日で2つの教育を実施していただくことは可能ですか?

はい、可能です。
教育内容にもよりますので、まずはご相談ください。

平日は作業のため、熱中症予防労働衛生教育の時間が取れません。土・日開催はできますか?

はい。開催可能です。
御社のスケジュールに合わせたプランニングをいたしますのでご相談ください。

平日は作業のため、熱中症予防労働衛生教育の時間が取れません。夜間対応で開催はできますか?

はい。開催可能です。
御社のスケジュールに合わせたプランニングをいたしますのでご相談ください。

法定教育ではなく、従業員の意識向上を高める目的に60分から90分位の講習を実施したいのですが対応していただくことはできますか?

はい。対応可能です。
御社のご要望をお聴きさせていただきましたうえで、御社のオーダーメイドに沿った講習を実施させていただきます。
お気軽にご相談ください。

講習のご相談・御見積もり・お申込みについて

以下の「お問い合わせ・お申込みはこちら」からご連絡ください。
お問い合わせ内容に案件名を正確にご入力お願いいたします。

お問い合わせ・お申し込みはこちら